高金利通貨でのFX

暗号資産取引ならビットバンク

暗号資産取引ならビットバンク
この施行により、 新たに暗号資産取引をはじめる方々への応援の気持ちを込めて、 2022年4月6日(暗号資産取引ならビットバンク 水)~2022年5月9日(月)11時59分まで、 「暗号資産デビュー応援キャンペーン」を実施いたします。
(*1)2021年2月14日時点、 CoinMarketCap調べ

【2022年版】おすすめの国内暗号資産取引所まとめ|メリット・デメリット・取扱銘柄も

取扱い銘柄も豊富で人気の仮想通貨も多数
ビットバンクは数年前までは「取扱い銘柄数が少ない」という点がデメリットとなっていたものの、現在は他社取引所にも劣らないほど多くの暗号資産を取り扱っているため銘柄数の面でも魅力的です。圧倒的に取扱銘柄数が多いという訳ではないものの、日本で人気の暗号資産は基本的にサポートされており、それら全ての銘柄をマイナス手数料で売買できるため、ビットバンクに上場している通貨を取引したい場合にはビットバンクを利用するのが良いと考えられます。

充実したサービスで初心者にも上級者にも嬉しい
暗号資産取引所の比較では「サービスの使いやすさ」が重要事項として挙げられますが、ビットバンクはこの点でも優れています。販売所を利用すれば「通貨選択・買い売りの選択・数量指定」などの簡単操作で仮想通貨を売買することができ、取引所を利用すれば移動平均線などのインジケーターを使用しながら高度な取引を行うことが可能です。

  • 取引システムが安定しているため相場急変時にも安心
  • メイカー手数料が-0.02%なので指値注文を利用すれば手数料がもらえる
  • 取扱銘柄も豊富で人気の仮想通貨も多数サポート
  • 取引所は各種インジケーターも揃っているため上級者にも最適
  • 販売所を利用すれば初心者でも簡単に各種仮想通貨を売買できる
  • 仮想通貨売買の環境が整っているため、初心者から上級者にまでおすすめできる
  • 仮想通貨決済・積立・レバレッジ取引などのサービスは提供されていない
  • 取引所の機能は充実しているが、使いこなすには多少の勉強などが必要

ビットバンク:国際規格に基づく「情報セキュリティマネジメントシステム認証」を取得

ビットバンク:Lightning Network実用化に向け「NLoop」公開|取引所への機能実装も検討

ビットバンク:取引所マッチングエンジンで「大幅な性能向上」を実現

仮想通貨取引所「bitbank(ビットバンク)」とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

独自の豊富なサービスが魅力的「ビットフライヤー」

ビットコインを支払いに使える
ビットフライヤーでは「ビットコインをつかう」というサービスが提供されているため、自分が保有しているビットコインを様々なサービスでの支払いに使用することができます。購入可能な商品の種類は限られているものの、仮想通貨決済サービスを提供する企業は少ないため、ビットコインを支払いに使える点はビットフライヤーのメリットの1つであると言えます。

ビットコインがもらえるサービスも
ビットフライヤーでは「ビットコインをもらう」というサービスも提供されているため、外部サービスでの商品購入・カード発行・新規登録などでビットコインを受け取ることも可能です。このサービスもビットフライヤーならではのサービスであるため『購入以外の方法でビットコインを入手したい』という方には魅力的なものとなっています。

ビットコインが貯まる「bitFlyer クレカ」
ビットフライヤーは買い物でポイントの代わりにビットコインが貯まるクレジットカードである「bitFlyer クレカ」も提供しています。クレジットカードのブランドは世界210を超える国や地域の加盟店ネットワークで利用できる「Mastercard」となっており、カード利用者は支払い時に0.5%〜1.0%の報酬をBTCで受け取ることが可能です。

Braveブラウザとの連携でBAT報酬も受取可能
ビットフライヤーは広告閲覧で仮想通貨BATがもらえる「Brave」とも提携しているため、BraveブラウザとbitFlyerアカウントを連携すれば、bitFlyerアカウントでBAT報酬を受け取ることができます。受け取ったBATはbitFlyerで売却することもできるため、ビットフライヤーはBraveユーザーに必須の取引所であるとも言えます。

積立・ステーキング・レバレッジ取引なども
ビットフライヤーはこの他にも「仮想通貨積立・ステーキング・レバレッジ取引」などといった様々なサービスを提供しているため、『色々なサービスを利用して仮想通貨をもっと楽しみたい』という方には非常に魅力的な取引所となっています。

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる