暗号資産速報

ビットコインの弱気相場を見定める

ビットコインの弱気相場を見定める
パンデミックにおけるビットコインの高騰は、金融緩和政策によって投資家がハイリスク資産に資金を投入しやすくなったことが一因でした。FRBが金融引き締めに転じたいま、こうした投資家が安価な資本にアクセスできる機会は減っています。

【経済】 ビットコイン価格分析:不調時期だがモメンタムにおいての価値の低下はなし

ヘッド・アンド・ショルダーズは非常に予測しやすい転換パターンとして一般的である。これらは価格の底を抜け出した後の価格変動と価格の反映の基準として定義されている。上の図で見られるヘッド・アンド・ショルダーズは以下のような特徴を持つ。
1.典型的な上昇するトレンドライン
2.左の山は真ん中の山より低く、右の山も同様に真ん中の山より低い
3.左右の方の部分はネックラインと呼ばれる線で結ばれている
4.最初の上昇的なトレンドラインのテストがある。この上昇的なトレンドラインを否定するテストはネックラインのテストをもたらす。
5.このネックラインのテストはこの減少傾向が続くかどうかを判断する究極的なものである。
この記事が書かれている現在において、BTC/USD(ビットコイン/ドル)は上昇的なトレンドラインが崩れ、ヘッド・アンド・ショルダーズにおけるネックラインのテストが始める時である。もし上で示した5の条件が成り立たなければ、価格予想は以下のように算出される。

プライスターゲットは価格の動向を保証するものではない。プライスターゲットは価格の減少の始まる点を見定めるためではなく、一定期間のゾーンを見極めるために使うべきだ。今回の件では、BTC/USD(ビットコイン/ドル)のプライスターゲットは非常に信頼できるサポートラインが1800ドル台で描かれる。BTC/USD(ビットコイン/ドル)が更なる低下を招くかどうかはまだ見守られている。しかし、さらに重要なことは、
1.RSIとMACD、モメンタム指数は減少傾向のモメンタムの損失を示してはいない
2.安定した減少傾向のモメンタムはとても少量の買い戻しの量しか伴っていない
ということだ。

1.BTC/USD(ビットコイン/ドル)は今後、仮想通貨市場を弱気なものにするであろうヘッド・アンド・ショルダーズのパターンの形成完結させた。
2.フィボニッチレベルとヘッド・アンド・ショルダーズの現在の価格予想は、今後のBTC/USD(ビットコイン/ドル)の価格標的は1800ドル台と示している。
ビットコインやイーサのようなデジタル資産の投資とトレードはとても不確かでたくさんの思惑とリスクを伴う。今回の分析は情報共有であり、投資のアドバイスとして捉えるではない。ビットコインマガジンとBTCメディアの関連サイト上の金融の情報や記述は、BTCメディアとしての意見を必然的に示しているわけではなく、さらには証券の売買を推めているわけではない。過去の動向は未来の結果を必然的に示すものではない。(出典:BitcoinMagazine)

ビットコインの弱気相場を見定める

マーケットサマリー

エディターズ・ピック

BTCUSD: 暗号資産/BTC BTC最終サポートか…

環境認識(暗号資産BTC) ETHなどメジャーなアルトコインも含めアルトコインは軒並み直近のサポートラインを明確に割って下落してきています。BTCは高値を切り下げながらもなんとか直近のサポートラインは割らずに抵抗していますが決着は近そうな展開となっています。BTCも割ってこれば明確な反転までロングは待ちたい局面です。これだけ横軸で長く持ち合っていますので今無理にお祈りロングを持たなくてもレジサポいずれかにブレイクアウト後でも利益は十分に狙えるのではないかと思います。 こういった長期間の大きな下げ相場では主要な暗号資産が反発してもアルトコインは上げに対してそれほど追従してこない可能性もありますので長期的な仕込みではなく短期での利益を狙っている場合にはアルトコインはやや注意が必要な展開かもしれません。かなり先を見据えれば仕込み時.

GBPJPY: GBP/JPY 5/26 ショートエントリー #すばるライン🐝

【エントリールール】 *環境認識で使用する時間足* 長期→日足 中期→4時間足 短期→1時間足 *エントリーする時間足* 4時間足でスイングトレード *注文方法* 指値注文 IFO注文 注文時に利確 損切り位置を決定し、その後分割利確を設定する *トレードルール* 中期チャネルに順張り 中期チャネル上限下限付近へ到達後に短期チャネルを上抜け 短期トレンドが中期トレンド方向へ転換(高値安値更新を確認)水平線エントリー 根拠は2つ以上 *R/R* .

NAS100USD: NAS100 月末月初頃には三角持ち合いを越えてきそう

RCI、月足下落で週足はボトム圏。日足、8h足は上昇傾向で4hはトップ圏。 日足の10日EMAと8hの21EMA付近をレジスタンスライン、底値を切り上げてきたラインをサポートにした三角持ち合い。 今週末か来週には、どちらかに抜けてきそう。 日足の上昇傾向が持続するなら上昇してきそうだが、今までさんざん跳ね返されてきたレジスタンスラインも強く意識されそう。 ビットコインの弱気相場を見定める 三角持ち合いを越えても日柄調整がさらに長引く場合も十分考えられるので、トレンドが見えてくるまでは様子見継続。

USDCHF: FXの相場分析レポート|2022年5月26日(木)

本日はドルスイスで売買方針を示していきます。 ・エントリーポイント…0.95861 ・利益確定ポイント (T/P) ①…0.95535 ・利益確定ポイント (T/P) ②…0.95328 ・損切りポイント(S/L)…0.95962 ドルスイスでもCPR(Central Pivot Range)の『Inside Value』が出現していますのでブレイクアウトを狙っていきます。 利益確定ポイントは両方とも4時間足の節目とフィボナッチターゲットが重複したポイントに設定しています。 利益確定ポイント②を目指す場合も、利益確定ポイント①に到達した時点で建値にストップ移動推奨です。

FXアイデア

GBPJPY: GBPJPY下降の4波トライアングル想定だけど。。。

GBPJPY: GBP/JPY 5/26 ショートエントリー #すばるライン🐝

【エントリールール】 *環境認識で使用する時間足* 長期→日足 中期→4時間足 短期→1時間足 *エントリーする時間足* 4時間足でスイングトレード *注文方法* 指値注文 IFO注文 注文時に利確 損切り位置を決定し、その後分割利確を設定する *トレードルール* 中期チャネルに順張り 中期チャネル上限下限付近へ到達後に短期チャネルを上抜け 短期トレンドが中期トレンド方向へ転換(高値安値更新を確認)水平線エントリー 根拠は2つ以上 *R/R* .

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる