タダで投資

コイネージの暗号資産取引システムを構築

コイネージの暗号資産取引システムを構築

コイネージ 株式会社の採用情報、企業情報をまとめてチェック![転職はキャリアインデックス]

コイネージ 株式会社の求人・転職・採用情報は掲載が終了しています。
現在募集中の求人情報は、下記のリンクよりご覧ください。

キャリアインデックスは転職のすべてがわかるサイト!

  • ポイント①取り扱い求人数は日本最大級。あなたにピッタリな求人が見つかる!
  • ポイント②履歴書・職務経歴書のサンプル充実。サクサク簡単作成!
  • ポイント③あなたに合った職業を診断、結果に応じた求人を検索!

この求人に関連した条件から検索

プロジェクトマネージャー その他の条件から検索

プロジェクトマネージャーの他の求人はこんなものがあります

【システムエンジニア】ITコンサル、PM、先端技術(AI、IoT等)

◎月給/25万円以上 ※前職や経験を考慮の上、社内規定により決定致します。 ※固定残業手当なし ※試用期間3ヶ月(待遇は変わりません) 【昇級・賞与】 ◎給与改定/年1回(4月) ◎賞与/年2回(6月・12月) 東京都

【エンジニア】幅広い技術スタックを短期間で/リモート・残業少

  • 第二新卒・既卒者可
  • 学歴不問

【月給】29.5万円~ + 各種手当など ※内定を出す場合は【前職の給与以上】を保証します。 ※月給には固定残業代(時間外労働の有無に関わらず45時間分を月7万6,031円~)を含む。 ※上限を超える時間外労働分は追加で支給。 ※経験や能力を最大限考慮の上、当社規定により決定いたします。 【試用期間】有( 6か月 ) ※試用期間中の雇用形態・給与変動なし 【昇級・賞与】 ◆昇給:年2回

【PM/PL・ITコンサルタント】年収1000万円可_残業月10時間以内

月給30万円~80万円 ※上記はあくまでも最低支給額です。能力や経験に応じて加給・優遇します。 ※上記金額にはみなし残業手当(月20時間分/3万400円以上)を含みます。超過分は別途残業手当を全額支給します。 ※3ヶ月の試用期間あり。期間中の待遇は本採用時と変わりません。 【昇級・賞与】 昇給/年1回(4月)

自社システムの企画開発~保守まで一貫対応!【ITエンジニア】

  • 第二新卒・既卒者可
  • 学歴不問

月給:26万8000円~ ※経験・能力・スキル等を考慮の上、当社規定により決定します。 ※固定残業代15時間分/2万8000円~を含む。超過残業代は別途支給。 ※試用期間6ヶ月(期間中の待遇に変動はありません) 【昇級・賞与】 昇給:随時 決算賞与:年1回 東京都、徳島県

自社内で新システムのゼロ→イチに挑む【社内SE】★月給40万円~

月給40万円以上 ※経験・スキルを考慮の上、当社規定により優遇致します。 ※試用期間3~6カ月(同条件)。スキルに応じて短縮される可能性があります。 ※月給には固定残業代89,300円以上(40時間分)を含みます。超過分は別途支給します。 コイネージの暗号資産取引システムを構築 【昇級・賞与】 昇給/あり(年1回) 賞与/あり(業績による) 東京都

生保・共済業界のDXを推進する【システムエンジニア】

  • フレックスタイム制
  • 年間休日120日以上

月給25万円以上 + 賞与 ※経験・能力を考慮の上、当社規定により優遇いたします ※試用期間は3ヶ月(試用期間中は有給休暇日数が本採用と異なります) 【モデル年収例】 1000万円(40歳前後/月給50万円+諸手当+賞与) 800万円(30代半ば/月給33万円+諸手当+賞与) 600万円(30歳前後/月給28万円+諸手当+賞与) 【昇級・賞与】 賃金改定/年1回 賞与/年2回 (6月、12月)

仮想通貨取引アプリの立ち上げ!インフラの初期構築を行うエンジニア募集!

・前職の給与を考慮します。
・年俸制で1/12を月々支給します。 コイネージの暗号資産取引システムを構築
・給与改定は年2回(4月・10月)、評価に応じて見直しを行います。

その他・PR

求人の背景 2017年10月、コイネージ(株)を設立し、暗号資産取引関連事業への参入準備を進めております。
この度、暗号資産取引システム、および社内情報システムの管理体制強化のため、新規で社内SEを募集いたします。 この仕事で得られるもの ・数十万人規模の顧客が利用する暗号資産取引システムの運用・管理経験
・システムのセキュリティに関する経験・知見 新しい価値観の経済圏を作る~仮想通貨の可能性を多くの人に届けたい コイネージ株式会社は、2017年10月に仮想通貨交換所の開業を目的に設立された。

また田鍋氏は、仮想通貨交換所について次のように考えている。
「インターネットは、普及するにつれて、安価に誰でも簡単にアクセスすることが可能になり、誰とでも直接“情報のやりとり”ができるようになりました。仮想通貨に使われているブロックチェーン技術は、さらに“価値のやりとり”がシームレスにできるようになります。これはインターネットが登場した時と同じくらい、これからの社会を大きく変えていくことが考えられ、仮想通貨交換業はいずれ社会的なインフラの役割を担うと考えています。個人間の“価値のやりとり”を、当社をプラットフォームとしてスムーズにおこなってもらえるようになることを考えると、すごくやりがいがありますね。」 ブロックチェーン関連企業との連携、海外展開も視野に 仮想通貨といえば2018年初め、日本の大手仮想通貨取引所がハッキングされた事件を記憶されている方も多いだろう。そこで、こうした事件を未然に防ぐための新たな自主規制団体、「日本仮想通貨交換業協会」が設立され、各社自主規制規則に基づき運用していくことを義務付けられるようになった。金融庁の審査や監督も厳格化している。しかし「こうした環境が整備され、日本の仮想通貨交換業の安全性を向上させ、今後は人々に安心して利用してもらえるようになる。」と田鍋氏は考える。

現時点では、国内のみでの展開が事業計画の前提だが、田鍋氏によれば、国内事業のノウハウが将来的に海外展開等した時もアドバンテージになりえると言う。
「法整備が進み、セキュリティやガバナンス体制の強化が進めば、日本の仮想通貨交換所は安心だという認識が世界に広がると思います。日本では円への信頼は極めて高いですが、南米やアフリカでは自国通貨よりも仮想通貨の方が安心できるという人々もいますし、銀行に口座を開設できない人でも利用できます。モノとの交換のために仮想通貨を買うという、仮想通貨の姿も今後実現されていくと思います。」(田鍋氏) ブロックチェーン技術を学び、かつtoCサービス作りに取り組める現場環境 コイネージは、今後のブロックチェーン、仮想通貨の発展を見据え、社会に新たな価値をもたらすという意味で優れた仮想通貨を見出し、扱っていく考えもある。しかし、ビットコイン、イーサリアム、リップルなどの仮想通貨はそれぞれに技術的な特性が異なり、技術的な知見と運用ノウハウがなければ扱えない。そのため、エンジニアとしては取り扱う仮想通貨ごとの技術的な知見が高まっていくことになる。

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる