初心者でもできる

取引レポート&攻略

取引レポート&攻略
(9)お名前、ご住所、その他の基本情報をご入力いただき「次へ」をタップします。ご入力項目は複数ございます。全てご入力ください。

「ECサイト」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

緊急事態宣言解除後もネット通販が定着?自粛期間前後の購買経路を調査 "買うを楽しく簡単に"するサービス「ランク王(https://rank-king.jp/)」では、購買に関するトレンドやユーザーの意識調査を行い、様々な結果を公表します。今回は、「自粛期間前後の購買経路の変化に関する調査」を実施しました。 2020/06/26 更新 楽天BLACK FRIDAY開催中!\11/18(取引レポート&攻略 木) 22:00〜11/23(火) 01:59/ポイント最大43倍!エントリーはこちらから! コロナ禍では、

博報堂買物研究所、「チャネル別買物体験調査」の分析結果を発表 情報氾濫時代に求められる買物体験は「楽しさ」と「選びやすさ」へ

博報堂買物研究所、「チャネル別買物体験調査」の分析結果を発表 情報氾濫時代に求められる買物体験は「楽しさ」と「選びやすさ」へ博報堂買物研究所は、2003年に設立以来、長年にわたり生活者の消費実態・トレンドを研究しております。 取引レポート&攻略 2019年10月に掲げるテーマは「情報氾濫時代に利用したいチャネル」です。情報が氾濫する時代、生活者がどのようなチャネルを好んで利用し、どのような買物体験を求めているのかについて、25種のチャネルを対象に調査。結果を分析しました。<「チャネル別買物体験調査」分析結果要点まと

ECサイトにおける決済手段の利用実態調査

当社では決済代行会社として、ネットビジネスに導入可能なクレジットカード決済やコンビニ決済などの20種類以上の決済サービスにはじまり、実店舗向けにもクレジットカード・電子マネー・QRコード決済に対応している「店舗向け決済サービス」をご提供しております。 目的や方法から探すサービス、業態・ニーズ、セキュリティ、ショッピングカート、課金方式・接続方式など、事業者さまのさまざまな目的に合わせて、最適なサービスを検索・ご確認いただけます。 当社は、物販、デジタルコンテンツ販売、会員制サイトなど、

台湾・香港・マレーシア・タイ・インドネシア・ベトナムのアジア6カ国のショッピング事情について調査

ECサイトで日本の商品が人気!アジア6カ国のショッピング調査・結果発表 アジア地域No.1規模の“日本好き”コミュニティサイト『FUN! JAPAN』を運営する株式会社Fun Japan Communications(本社:東京都港区、代表取締役社長:藤井 大輔、以下 Fun Japan Communications)は、台湾・香港・マレーシア・タイ・インドネシア・ベトナムのアジア6カ国のショッピング事情について調査しました。日本への関心が高い数十万人の会員の“イマ”をご紹介します。 PICK

ネットショッピングに関するアンケート

商品を購入する前に複数のECサイトを見比べる方は7割以上という結果に!ユーザーがネットショッピングに求めるもの第1位は「○○」であった。 50%以上のユーザーが月に1回以上ネットショッピングを利用していると回答‼ 「犬と暮らす喜び、健康、笑顔」をテーマに愛犬の幸せをお届けするGREEN DOGは、ネットショッピングに関するアンケートを行い、皆さんのネットショッピングの利用理由や、ネットショッピングに対して不満に思っていることについて調査しました。 ネットショッピングとは、パソコンやスマートフォ

“買い”の取引のみで簡単にポートフォリオのリスクヘッジをする方法

益嶋 裕

また、ダブルインバースETFの商品性自体にも注意が必要です。NEXT FUNDS 日経平均ダブルインバース・インデックスETF(1357)は信託報酬が年率0.8%(税抜)かかるので保有していると保有コストが発生することになりますし、以下同ETFのマンスリーレポートから引用したように、必ずしも日経平均のマイナス2倍の変化となるわけではありません。長い目で見るとパフォーマンスが乖離していくので、基本的に短期での保有を前提とした戦略と考えていただいた方が良いと思います。

投資のご経験 レポートやコラムの内容が コメント

福永博之のいまさら聞けないテクニカル分析講座

市況概況

ストレイナー決算・ビジネスニュース解説

東京市場再編 ESG脱炭素 半導体 国土強靭化 高配当株の選び方

ご留意事項

本コンテンツは、情報提供を目的として行っております。
本コンテンツは、当社や当社が信頼できると考える情報源から提供されたものを提供していますが、当社はその正確性や完全性について意見を表明し、また保証するものではございません。有価証券の購入、売却、デリバティブ取引、その他の取引を推奨し、勧誘するものではありません。また、過去の実績や予想・意見は、将来の結果を保証するものではございません。提供する情報等は作成時現在のものであり、今後予告なしに変更または削除されることがございます。当社は本コンテンツの内容に依拠してお客様が取った行動の結果に対し責任を負うものではございません。投資にかかる最終決定は、お客様ご自身の判断と責任でなさるようお願いいたします。
本コンテンツでは当社でお取扱している商品・サービス等について言及している部分があります。商品ごとに手数料等およびリスクは異なりますので、詳しくは「契約締結前交付書面」、「上場有価証券等書面」、「目論見書」、「目論見書補完書面」または当社ウェブサイトの「リスク・手数料などの重要事項に関する説明」をよくお読みください。

【重要】マーケティングの分析手法・フレームワーク

PEST分析のイメージ

法律や規制の動向といった 政治的要因(Politics) 、賃金や物価、金利、家計消費の動向などの 経済的要因(Economics) 、人口動態や流行、宗教などの 社会的要因(Society) 、技術革新やインフラの整備状況といった 技術的要因(Technology) の4つの視点から外部環境を見ていくことで社会全体の動向をつかみ、自社のビジネスを展開していく上での機会や脅威の発見につなげていきます。

1.2 3C分析

3C分析とは、 顧客や市場(Consumer) と 取引レポート&攻略 競合(Competitor)自社(Company) の3つの観点から自社の経営環境について分析する手法です。

3C分析のイメージ

顧客や市場については、市場規模や成長性、顧客ニーズや購買行動、競合各社の市場内シェアや推移、業界内のポジションと新規参入、代替品の可能性(脅威)などについて分析していきます。また、自社については分析するまでもないと思われがちですが、自社の強みや弱み、自社の事業の状況などを複数人で洗い出していくことで見落としや視点の漏れを防げるほか、共通認識が図られる効果も期待できます。前述のPEST分析がマクロの環境分析手法であるのに対し、3C分析はミクロの環境分析手法として位置づけられるでしょう。
分析にあたっては、できる限り客観的な事実の収集に努め、出揃った事実に対する解釈は後述するSWOT分析と同様、 プラス、マイナスの両面から見ていくことが肝要 です。

1.3 5フォース分析

5フォース分析は、 自社をとりまく環境を以下の5つの分類ごとに整理し 、それぞれが 自社のビジネスにとってどれくらい脅威となるか、また、対抗していく上で、どのように効果的に自社の資源を配分していくかを検討する材料とするもの です。

5フォース分析のイメージ

(1)競争業者

(2)新規参入業者

1.4 SWOT分析

PEST分析や3C分析、5フォース分析が主に外部の競争環境を分析することに主眼をおいたフレームワークであるのに対し、SWOT分析では、 自社がコントロールできない外部環境のなかにある機会(Opportunity)を捉えたり、脅威(Threat)に立ち向かうために、自社の持つ強み(Strength)や弱み(Weakness)をどのように活用していくかを検討するためのフレームワーク です。

SWOT分析のイメージ クロスSWOT分析のイメージ

自社の強みを活かすことで利益獲得や成長の機会をいち早く掴むことができないか(S×O)、脅威となりうる外部環境への対処として自社の強みを活用していく術はないか(S×T)、また、現在の環境を自社の弱みを攻略する機会にできないか(W×O)、脅威に立ち向かう中で弱みを克服していけないか(W×T)といったように、 自社の内部や外部環境にあるプラス・マイナスの要因の組み合わせから戦略の方向性を探るために用いる ものです。

1.5 STP分析

STP分析とは、市場を何らかの軸で細分化し、 共通するニーズを持つグループに分割するセグメンテーション(Segmentation) 、細分化したグループ個々について自社の商品・サービスとの親和性や市場としての有望さなどの観点から 優先順位を定めるターゲティング(Targeting) 、競合商品・サービスとの対比の中で 自社の商品・サービスの位置づけを定めるポジショニング(Positioning) という、商品・サービスを市場に上梓し消費者に訴求する前に行うべき一連の分析・検討事項を指すものです。

STP分析のイメージ

1.6 4P分析(マーケティングミックス)

STP分析により定めたターゲット・セグメントに対し、ビジネスの成果を実現するため に、企業がコントロール可能なマーケティング要素である「製品(Product)」、「価格(Price)」、「流通(Place)」、「プロモーション(Promotion)」の4つのPを適切に組合せていきます。

4P分析のイメージ

1.7 バリューチェーン分析

バリューチェーンとは、 原材料の調達から商品・サービスが顧客に届くまでに企業が行う活動の連鎖を、価値の連鎖(バリューチェーン)として捉えたもの です。

バリューチェーン分析のイメージ

一般的に、企業の活動は原材料を調達し、加工・製造により商品化し、マーケティング・販売を経て付加的なサービスを含めて顧客に届けるといった「主活動」と、これらの活動を支える人事・労務管理や研究・技術開発、調達先の開拓・管理、企業活動のインフラ整備などの「支援活動」に分けられます。バリューチェーンとは、こうした「主活動」と「支援活動」全体を通じて商品・サービスの価値を形作っていく一連の連鎖を指すものです。
バリューチェーン分析は、このような「主活動」と「支援活動」全体のなかで、 “どこでより多くの付加価値が生まれているか”“過大なコストがかかっている活動はどれか” といったことを可視化することで、 コスト削減や自社の強み・弱みを把握することにつなげていくもの です。
ただし、多くの場合、実際のバリューチェーンは原材料の採取・加工から部品の調達・組み立てによる最終製品の製造、配送・小売と、商品・サービスが最終消費者に届けられるまでに複数の企業間取引を経ることから、自社のバリューチェーンの見直しだけでは限界があり、取引先を巻き込んだ見直しが必要になる場合もあるでしょう。

ここまでご紹介してきたように、PEST分析はマクロ環境を、3C分析、5フォース分析はミクロ環境を、それぞれ分析するものであり、SWOT分析は外部環境と自社の強み・弱みを把握することで自社がとるべき戦略を複数の代替案を含めて立案していくものといえます。一方、STP分析はターゲット市場を優先度に沿って絞り込み、自社や自社の商品・サービスの見せ方を定めるもの、4P分析はマーケティングミックスが適切になされているかを確認し、最適な組み合わせを実現することで売上などの経営的成果の最大化を目指すものであり、SWOT分析により定めた戦略の元で実行していくものとして位置づけられます。また、バリューチェーン分析は一連の分析に基づいて行われる実務のなかにあるボトルネックやコストセンターの無駄を洗い出し戦略の実行を洗練させるものといえるでしょう。
これらのフレームワークを利用することは、 戦略立案の効率性を向上させるだけでなく、視点の漏れや見落としを防ぎ精緻な戦略構築の一助となるものです 。マーケティング戦略の立案では、これらのフレームワークを順次活用しつつ進めていくことになりますが、外部環境に変化がない場合や、戦略立案に関わるメンバー間で外部環境や自社内の資源(SWOT分析における強みや弱みなど)について共通認識ができている場合、戦略立案に時間を割く余裕がない場合などでは、他の分析のステップを省略しSTP分析、4P分析のみとする場合も少なくありません。STP分析、4P分析の具体的な手順については具体的な事例をもとに別途解説します。

2. 知っておくべき2つの分析手法と消費者理解を助ける3つの行動モデル

2.1 MECE

MECEとは、相互に排他的かつ、完全な全体集合(Mutually Exclusive, Collectively Exhaustive)といった状態を表す用語であり、一般には 「漏れもなくダブリもない」状態ともいわれます。

MECEのイメージ

ビジネスにおける課題解決に際して解決策を検討する際、ビジネス戦略などの複雑で大きな課題の場合には、論理的に意味のあるシンプルなレベルまで課題を要素に分割し、個々に対応を検討した上で全体を再度組み上げていく必要があります。この際、分割が十分でない場合や意味のない分解を行ってしまうと、対応の内容に重複が生まれたり、対応に漏れが生じたりすることに繋がりかねません。重複した対応は非効率ですし、逆に対応に漏れがある場合には課題の解決につながらないばかりか、より大きな問題を引き起こすリスクもあります。MECEとは、こうした事態に陥らないための論理的思考のフレームワークです。
過去に同様の課題解決の経験があり、今回も同じ手法で対処できる見込みがある場合のように、全体像が明確である場合や、どのように分類していけばよいか明らかである場合には、ゴールに向かって演繹的に進めれば良く、要素の見落としや状況判断を謝るなどの落ち度がない限り、要素の分類や対処に漏れやダブリが生じる可能性も低いでしょう。一方で課題そのものが不明瞭である場合や、適切な分類の方法がわからない場合には、ブレーンストーミングを繰り返して要素を洗い出し、帰納的に分類していくなど手探りでゴールを目指さざるを得ないでしょう。このような状況では、要素の洗い出しが十分でない場合や分類が不適切である場合には漏れやダブリが生じるリスクがあります。ビジネス上の課題解決にあたっては、 問題の発見・整理や対応方針の検討に際してMECE状態を目指すことは不可欠です 取引レポート&攻略 。以降にご紹介する各種のフレームワークはMECE状態を目指す上で有用なツールとなるものと思われます。

2.2 ロジックツリー

ロジックツリーのイメージ

例えば「会社全体の業績が思わしくない」という問題について解決策を検討しなければならないとしても、取り扱う商品・サービスや、仕入先、取引先が多岐にわたるなかでは、それぞれの商品・サービスや仕入先、取引先ごとに問題の有無や解決の可能性について検討していくことが必要になります。この会社がA~Cの3種類の商品を扱っているとした場合、まずはそれぞれの商品の売上や利益率の状況について確認が必要になります。売上が奮わない商品がある場合には、販売数量が落ちているのか、販売単価が下がっているのか、といった問題の所在をさらに細分化して確認する必要があります。
また、販売数量が落ちているとしたら、その原因が、例えば消費税の増税前に駆け込み消費が発生するように、需要の先食いが起こったことによる一時的な問題であるのか、短期的な問題ではない顧客の流出によるものか、顧客の流出先は同一カテゴリの競合商品か、代替品なのか、そもそも(所得の減少など)購買力が下がって購入できなくなっているのか、といったように、問題の所在や原因を要素に分解していくことで、真の問題は何か、どのような対処法がありうるかの検討が容易になります。売上が変わらないにも関わらず利益率が下がっているのであれば、販促経費がかさんでいるのか、そもそも原価率が上がっているといった問題がある可能性も考える必要があるでしょう。
ロジックツリーは、このように大きな問題をさらに小さな問題やその原因として考えられる要素まで樹木が枝分かれしていくように整理していくことで、 問題の要素をMECEの状態になるように網羅的にとらえ、全体としては大きな問題の原因を細分化された個々の要素に分解・特定することで適切な対応策につなげていくもの 取引レポート&攻略 です。

2.3 消費者理解を助ける3つの行動モデル

AIDMA(行動モデル)

AIDMAとは、消費者がある製品を購入するまでのプロセスを、 製品の存在を発見(Attention)し、興味(Interest)をもち、欲しいと思う(Desire)ようになり、記憶(Memory)して、最終的に購買(Action)に至るといった段階に整理したもの です。

AIDMAのイメージ

AISAS(行動モデル)

AISASのイメージ

製品の存在を発見(Attention)し、興味(Interest)をもつまではAIDMAと同じですが、その後は 製品関連の情報についてスマホなどで検索(Search)し、検索結果からそのまま購入(Action)した上で、購入・使用した経験や評価をSNSなどに発信・共有(Share)する、としたもの です。このモデルもAIDMAと同様、それぞれの段階にある消費者に対するコミュニケーションプランの検討に用いるものですが、「検索」や「共有」といったプロセスがあることや、「共有」の内容が「検索」にフィードバックされるなど、現在の情報環境下における購買意思決定プロセスへの適応を図ったモデルであるといえるでしょう。

SIPS(行動モデル)

SIPSのイメージ

SIPSモデルは、SNS時代において消費者が何らかの行動を起こす背景には、 何らかの情報に対する共感(Sympathize)があり、その詳細を確認(Identify)した上で、同意すれば参加(Participate)して体験や感想についてまたSNS上で共有・拡散(Share & Spread)するのだというもの です。AIDMAやAISASが製品への注意(Attention)で始まり、購入(Action)とその後の共有(Share)をゴールとするのとは異なり、SIPSでは、触れた情報に共感(Sympathize)できるかどうかが行動の起点であるとともに、必ずしも購入(Action)をゴールとはしていません。情報の発信や共有が容易なSNS時代にあっては、購入までのプロセスのなかで何らかの不手際があった場合にはその体験の共有・拡散により企業として致命的なダメージを受けるリスクがある反面で、購入・利用しないまでも企業の取組への共感を示し共有・拡散することで間接的に利益への貢献を生む可能性があることから、「参加」というキーワードでゴール設定の幅を拡げているものと思われます。

3.フレーム活用での注意点

紹介したフレームの多くは、汎用性が高く正しく活用することで効果的な戦略立案が可能になるでしょう。ただし社会環境変化の中で陳腐化したり、適切ではない利用の仕方により、ミスリードにつながるリスクはゼロではありません。これらの フレームワークを用いることが適切か、よりふさわしいフレームはないか、フレームを用いない方が適切ではないか、といった点については事前の検討も必要になるでしょう。

また、これらのフレームを用いて戦略立案を検討する中では、 視野を広くもつことを心がけることも肝要 です。競合企業や顧客の立場、自社の商品・サービスと同様の価値を実現する代替品・サービスの存在についての気づきを得るためには、自社の立場・視点から意識的に離れて視野を広げ多様な視点にたってみることが求められるためです。

技術革新や社会全体の経済環境の変化など、ビジネス環境は常に変化を続けています。こうした変化に適応していくためには、戦略も随時見直していくことが肝要です。戦略立案し、取り組んでいく中でも、環境変化への適応状況の確認を怠らず、外部環境変化への適応が難しくなる前に 戦略を見直していく臨機応変さも持ち合わせておくべきでしょう。

マーケティングフレームワークが1冊にまとまった! 「絶対に知っておきたい! 取引レポート&攻略 マーケティング戦略に役立つフレームワーク」ダウンロード

PROFILE

井上 智紀(いのうえともき)

・1995年:財団法人生命保険文化センター 入社
・2003年:筑波大学大学院ビジネス科学研究科経営システム科学専攻修了(経営学)
・2004年:株式会社ニッセイ基礎研究所社会研究部門 入社
・2006年~:同 生活研究部門
・山梨大学生命環境学部(2010年~)非常勤講師
・高千穂大学商学部(2018年度~)非常勤講師

所属学会
・日本マーケティング・サイエンス学会
・日本消費者行動研究学会
・日本ダイレクトマーケティング学会
・生活経済学会
・日本保険学会
・生命保険経営学会
・ビジネスモデル学会

Coincheck(コインチェック)の始め方|暗号資産ビットコイン(BTC)を購入する方法

コインチェック


Coincheckは、国内でも大手の暗号資産の取引所として知られており、2018年には大手ネット証券マネックスのグループに加わった取引所です。

Coincheck(コインチェック)の口座開設方法

1. アカウント登録

アカウント登録

メールアドレスの入力

パスワードの入力

アカウント登録

2. 本人確認

SMS認証

SMS認証

SMS認証

SMS認証

必要情報入力

SMS認証

(9)お名前、ご住所、その他の基本情報をご入力いただき「次へ」をタップします。ご入力項目は複数ございます。全てご入力ください。

SMS認証

本人確認書類の提出

SMS認証

  • 運転免許証(表面と裏面)
  • パスポート(「顔写真ページ」と「住所記載ページ」)
  • 在留カード(表面と裏面)
  • 特別永住者証明書(表面と裏面)
  • 運転経歴証明書(表面と裏面。交付年月日が2012年4月1日以降のもの)
  • 住民基本台帳カード(表面と裏面)
  • 個人番号カード(表面のみ、裏面は提出不要) ※「通知カード(写真なし)」は本人確認書類としては利用不可。

SMS認証

  • 明るい場所で撮影してください。
  • カメラは「風景モード」にして本人確認書類はなるべくお顔に近づけるとピントが合いやすくなります。
  • 本人確認書類の文字、お顔が鮮明となるように撮影してください。
  • 指などで記載内容が隠れないようご注意ください。
  • 本人確認書類でお顔が隠れないようにご注意ください。
  • ご本人様のみ写るように撮影してください。
  • 画像に不備が確認された際は、再度提出いただく場合がございます。

次に、顔と本人確認書類表面の撮影を行います。 取引レポート&攻略
ご自身の顔と書類表面がイラストの位置に来るように、書類を手に持って撮影してください。
画面の案内に従って、ゆっくりと顔を傾けたり表情を変えたりしてください。

取引レポート&攻略

スタディングでは、机に座って勉強する必要はありません。お手持ちのスマートフォン、PC、タブレットで学べるため、通勤時間、 移動時間、昼休み、待ち時間、就寝前後など、 ちょっとしたスキマ時間 で勉強できます。

理由
2
初心者でもわかりやすいビデオ/音声講座

スタディングは、初めて宅建の勉強をする方でも 無理なく 学べるように作られています。

ビデオ講座では、テレビの情報番組のように、 図や具体例 などを使ってわかりやすく解説しています。従来型の暗記中心の学習に比べ、興味が湧き、 自然に理解 しながら学べます。

理由
3
取引レポート&攻略 段階的なアウトプット学習で合格力アップ!

スタディングでは、 最適な順番で段階的にアウトプット学習 できるよう「学習フロー」が組まれています。

理由
4
いつでも基本問題・過去問を練習できる!

スタディングには、スマート問題集とセレクト過去問集が含まれています。スマートフォン、タブレット、PCで、 いつでもどこでも問題練習 ができます。

問題に間違った場合、「復習モード」で問題練習をすれば、間違った問題だけ解くことができます。これを繰り返していけば、 短期間ですべての問題に正解 できるようになります。セレクト過去問を完全にマスターすることで、合格力が身につきます。

理由
5
合格に必要な知識を効率よく学べる教材

スタディングでは、過去の試験問題を分析し、 取引レポート&攻略 良く出題されている内容を抽出 し、その内容をわかりやすいビデオ講座、テキストにしました。逆に、あまり出題されていない分野は省くことで、ボリュームを絞り込み、 学習効率を最大限 に高めています。

理由
6
圧倒的な低価格 ※ !

いくら素晴らしい講座でも、購入できない金額であれば意味はありません。スタディングでは、できるだけ多くの方に合格して頂けるように、 圧倒的な低価格 ※ を実現しました。

効率的に実力がつく仕組み

講師より応援メッセージ

「スタディング 宅建士講座」 にようこそ!

宅建士試験は、定められた範囲の「テキストの内容の理解」→「理解した内容の確認(問題演習)」→「過去問題の演習」ということを着実に最後まで繰り返していけば、 絶対に合格できる試験 です。

しかし、仕事(アルバイト)や学業が忙しく、まとまった時間を確保することができず、過去問題の検討を含めて勉強が終了している人は受験者の3割にも満たないのではないかと思います。20年以上、宅建試験の受験指導に携わり多くの受験生と接している中で、「 学習する時間がない 」という方が非常に多いのです。

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる